デジタルノベル

私の嫌いな名前があった
ver1.01(16.2MB)
(リンク先へ)

「私の嫌いな名前があった」は2時間程度、文章を読むだけのゲームです。拙作「僕の好きな君の顔」の裏側で起きたもう一つの話です。(前作は同梱しています)

選択肢で展開は変わりますが、結末は変わりません。また、キャラグラフィックはありません。

ちなみに、感情移入は難しいと思います。あと、出来は悪いです。


*ストーリー*

私はその日、思い切って好きな人に告白した。

「俺、そういうの考えられなくて……」

ああ、やっぱり駄目だった。いつも通りの悪い結果。諦め癖もいつものこと。

だけどしばらくして、彼から連絡があった。

「電話とメールだけの交際じゃ駄目かな?」

……彼の真意がわからない。

画面全体に文章が表示されるタイプ。

*戻る*